家庭用紫外線医療器(クラスⅡ)・個人輸入

家庭用紫外線医療器(クラスⅡ)・個人輸入

在宅紫外線治療に最適!ご自宅でも皮膚科と同じエキシマレーザー、ナローバンドUVB光線治療を受けられる

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー お客様の個人情報について 当サイトでは、個人を識...

購入ガイド

ご注文方法 1.ご注文いただく商品を「商品一覧」または「商品詳細」ペー...

よくある質問

お客さまからよくお問い合わせいただく質問と、その回答(Q&A)を紹介し...

現在では、ナローバンドUVBとエキシマライト光線線療法は白斑や、乾癬や、アトピー性皮膚炎などの慢性皮膚疾患の治療に確かな有効であります。しかし、週に2~3 回病院皮膚科への長期通院は方にとって、経済的、時間的負担が相当高く,すべての患者様に推奨するには困難があります。白斑や、乾癬や、アトピー性皮膚炎などの慢性皮膚疾患を治療せず放置していると、患部がだんだん拡大し、悪化してきます。現実では、週2~3 回の皮膚科への通院の時間がなかなか作れない患者様も多くいます。その解決策のひとつとして患者様が家庭用(ナローバンドUVB、エキシマライト)紫外線照射装置を購入し、在宅で光線療法を実施することは当然考えられなければならないです。海外(ヨーロッパ、アメリカなど)では既に小型ナローバンド UVB機器や家庭用エキシマライト光線治療を使用した在宅光線療法が行われており、病院皮膚科の医療施設で行う場合と比べ、その有効性、安全性、経済性について臨床試験の結果から,推進すべき治療法とされています。

近年欧米にて新たな波長特性を持つ紫外線ランプが開発され臨床応用も進み、かなりデータも蓄積されてきました。
ナローバンドUVB紫外線(NB-UVB)は中波長紫外線領域に含まれる非常に幅の狭い波長域(311±2nm)を持った紫外線で,この紫外線が乾癬治療に有効であることが明らかとなり、オランダフィリップス社で蛍光管(フィリップスTL01)が開発されると共に治療法として普及し始め、現在では乾癬を初めとして、アトピー性皮膚炎、白斑、掌蹠膿疱症の治療に用いられています。従来の治療法にナローバンドUVBを組み合わせる事によって内服やステロイド外用の量を減らすことが期待できます。また、安全性が高く、小児や妊婦にも使用可能な点も利点です。

在宅ナローバンドUVB、エキシマライト光線治療の利点

1.最先端のヨーロッパ製とアメリカ製の光源を使っているので、皮膚科紫外線治療器と同等の治療効果をもたらすことができる
家庭用ナローバンドUVB光線治療器にヨーロッパ製ナローバンドUVB蛍光管が搭載されている
家庭用エキシマライト光線治療器には、アメリカ製XeCl(キセノンクロライド)光源が搭載されている

2.仕事や、学業などで忙しくても、簡単な操作方法で、ご自宅で定期的に紫外線治療を受けることができる
紫外線治療が長期的継続でき、より患部の症状の改善がみられる
白斑、乾癬などの紫外線治療には、長い治療期間を要するので、定期的に、少なくとも半年間は継続し、1年以上継続すれば、治ることが可能である
搭載されている光源の寿命は、500時間であり、約3年間使用可能である

3.ご自宅で皮膚科と同等の紫外線治療ができて、通院にかかる時間と通院の経済的負担が大きく軽減される
在宅で短時間の照射で紫外線治療が終われるので、自分の自由な時間が増える可能

お問合せ

ご意見・ご要望、製品に関するお問い合わせ等を受け付けております。
以下のフォームに必要事項をご記入のうえ、下の「送信」ボタンを押してください。お問い合わせ内容を確認後、担当よりご連絡させていただきます。