お客さまからよくお問い合わせいただく質問と、その回答(Q&A)を紹介しています

Q:家庭用ナローバンドUVB光線治療器から放射する紫外線は、皮膚科の大型紫外線治療器と同じでしょうか?

家庭用ナローバンドUVB光線治療器に装着されている光源ランプは、皮膚科の大型紫外線治療器(UVB)と同じメーカー産のナローバンドUVB蛍光管です。
多くの大学病院、皮膚科で使用されているNB-UVB紫外線治療器としては、ドイツのWaldmann社製ナローバンド治療器や日本のデルマレイ-200治療器などがあります。
これらの治療器で使用されている光源ランプはPhilips社製医療用ナローバンドUVB蛍光管であります。
※Philips社製ナローバンドUVB蛍光管から照射する紫外線は、白斑、乾癬などの皮膚病治療に有効な波長(311±2nm)紫外線です
弊社の家庭用ナローバンドUVB光線治療器の光源ランプも、同じPhilips社制医療用ナローバンドUVBランプを使用していますので、
家庭用ナローバンドUVB光線治療器の治療効果は、病院皮膚科の半身型、全身型紫外線治療器の治療効果と同じです。
なので、皮膚科の大型紫外線治療器と同じ治療効果を得ることが可能です。
安心してご使用頂けます。

家庭用ナローバンドUVB光線治療器は、乾癬や白斑など皮膚病の治療に優れた効果があることから、欧米で、在宅紫外線治療法にこの家庭用紫外線治療器は多く使われています。
ご自宅で簡単に使える光線治療器を利用し、在宅皮膚科紫外線治療が可能となり、通院の負担(治療器、通院時間)を減らすことが可能です。

Q:ナローバンドUVB光治療は、どのような病気に有効なのか?

乾癬・掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)・尋常性白斑(しろなまず)・アトピー性皮膚炎・円形脱毛症・痒疹(ようしん)などに効果が期待できます。ナローバンドUVB照射装置はオランダフィリップス社で蛍光管(フィリップスTL01)が開発されると共に治療法として普及し始め、現在では乾癬を初めとして、アトピー性皮膚炎、白斑、多形日光疹、菌状息肉症の治療に用いられています。

Q:ナローバンドUVB紫外線療法とは?

ナローバンドUVB療法は、海外ではすでに一般的な紫外線治療です。乾癬やアトピー性皮膚炎をはじめ、多型日光疹、尋常性白斑、菌状息肉症、扁平苔癬、結節性痒疹、円形脱毛症、掌蹠膿疱症などに有効性が認められています。また、ナローバンドUVB療法では、治療後の遮光などの生活制限がなく、小児や妊婦の方も治療が可能です。ナローバンドUVBは、紫外線のうち皮膚治療に有効な中波長紫外線(311±2nm)を照射する治療法です。
皮膚の正常生成に必要なビタミンDの生成を助け、皮膚免疫力をアップさせます。

Q:尋常性乾癬に対する適応?

ナローバンドUVB療法がもっとも効果的なのは、尋常性乾癬で、照射の回数は、週に2~3回が標準的な方法です。ナローバンドUVB療法は、日本人による治療成績をみると、ある23例の検討では、週5回の照射と比較的多いものではありますが、65%が寛解し、改善以上は83%となっています。

なお、乾癬の類症である掌蹠膿疱症でも、ナローバンドUVB療法による治療効果があります。

Q:尋常性白斑に対する適応?

乾癬のつぎにナローバンドUVB療法が効果的な疾患が、尋常性白斑です。ナローバンドUVB療法は、BB-UVB療法やステロイド外用剤単独よりも効果に優れ、PUVA療法にくらべても、同等かそれ以上の効果があると考えられています。さらに、PUVA療法、特に外用PUVA療法にくらべて、治療を施行後、白斑部と周辺の健常部との色調の差が目立ちにくい利点もあります。尋常性白斑に対するNB-UVB照射のプロトコールは乾癬に準じたもので、照射回数も乾癬と同様に週に2~3回程度の照射が標準的です。

小児へ照射しても成人と変わらない良好な成績が得られています。一般に治療の反応が良い部位は、PUVA療法と同じく顔面や頸部、体幹や四肢の近位部であり、毛孔周囲から色素再生が進んでいきます。他方、四肢の遠位部では色素再生が起こりにくく、大きな局面も反応しにくくなります。

Q:返品したいならば、どうすればよいですか?いつ返金されますか?

商品到着後7日以内は、返品を承ります。
つまり、7日以内に、お問い合わせ窓口まで、ご連絡し、「返品したい」と伝えてください。
※例:1日に商品を受け取った場合に、返品したいならば、8日24時前に、「返品したい」を担当者に送信ください。
「返品したい」メールを確認後に、担当者から返品手続きの案内メールを改めて送信されます。
指定住所に返送をお願いいたします。(返送する際に、お客様の銀行口座をメールにて伝えてください)
商品が無事に弊社まで戻ったら、弊社からお客様の銀行口座に商品の代金を返金します。
商品のお届け日(お受け取りいただいた日)より7日以内なら返品・交換可能なので安心してご利用いただけます。

Q:エキシマライト光線治療は、どれくらいで効果がでますか?

乾癬にエキシマ光線治療の場合は、3~4回で効果が見られることが多いです。円形脱毛症にエキシマ光線治療の場合は、10回ぐらいで、発毛が見られます。
白斑にエキシマ光線治療する場合は、効果がでる方は10回以内で、色素再生が見られます。

Q:エキシマ光線治療後はどうなりますか?

照射後に、照射部位に一致して赤みが出ますが、3、4日で消える場合がほとんどです。赤みが出なかった場合は次回の照射時間を長くする必要があります。
強めに施行した場合、赤みが長く続いたり、軽いヤケドができることもありますので、ご注意ください。
回数を重ねると、照射部位に一致して色素沈着(日焼け)が起こります。照射を2週間中断すれば、肌の元色に戻ります。

Q:エキシマ光線治療器の光源は消耗品でしょうか?エキシマライト光源の交換費用はいくらでしょうか?

エキシマライトの光源は消耗品です。
照射合計時間は、500時間(30000分)を超えったら、治療効果がなくなるので、光源を交換する必要があります。
治療器のエキシマライト光源の交換費用(材料費、交換費、郵送費を込み)は70000円をかかります。
交換作業は工場で行わなけれならないので、弊社までエキシマライト照射器を弊社まで郵送する必要があります。
エキシマライト光源を交換してほしいならば、事前に弊社までメールにてご連絡ください。
専門の担当者から、対応させていただきます。

Q:貴社の家庭用ナローバンドUVB紫外線治療器を使用し、尋常性白斑を治した方が多いでしょうか?

弊社の家庭用ナローバンドUVB紫外線治療を使用し、尋常性白斑が治った方が大勢います。
下記のお客様は、弊社からナローバンドUVB紫外線治療器を購入し、尋常性白斑を治したことをネットに公開しています。
彼らは、同じ尋常性白斑に困っている方にお役に立つことができると思い、ネット上で自分の白斑治療経験談を公開しています。
下記のURLをクリックし、ご利用者の治療経験談に飛びます。
ご確認をよろしくお願いいたします。

この機械のお陰で、これまで何度も出始めの白斑を拡大させることなく消すことができています

息子の尋常性白斑が完治した記録

20年間20種類以上の治療法を試した私が特にお勧めするアイテム(在宅光線治療)を紹介します

腕の尋常性白斑がほぼ完治しました

Q:貴社の家庭用コンパクト型エキシマライト光線治療器で、円形脱⽑症の治療に有効でしょうか?

弊社のエキシマライト光線治療は、毛包を刺激し発毛を促す効果が期待できますので、円形脱毛症の治療に有効です。
エキシマライト光線治療器には、皮膚科のエキシマライト紫外線治療器と同じ光源、XeClエキシマランプが採用されているので、皮膚科治療器と同等の効果が期待できます。
現代、難治性の円形脱毛部にエキシマライト(光線療法)が効果があるとの報告があります。
円形脱毛症は、体に有害なものを防衛する機能を持った免疫T細胞が、毛根を異物と認識して攻撃してしまうために発症すると考えられています。
波長308nmのエキシマライトと311nmのナローバンドUVB紫外線の照射には、「免疫の働きを調節する作用」があります。
紫外線を照射すると、この免疫反応に関わり悪さをするT細胞を直接的に自然死(アポトーシス)に誘導したり、この(円形脱毛症)病因となっているT細胞を抑える働きをする制御性T細胞(Treg:Tレグ)を誘導したりすることで、皮下の免疫状態を改善していくので、円形脱毛症にも効果が期待できます。
ナローバンドUVB光線治療も、円形脱毛症の治療に有効ですが、波長308nmのエキシマライトの光は、ナローバンドUVBより、肌の深くまで達することできますので、肌の深くのT細胞(悪さをするT細胞)を直接的に自然死(アポトーシス)に誘導することでき、より良い治療効果が期待できます。
エキシマライトは、これまでのPUVAやナローバンドUVBよりさらに効果がある紫外線療法とされています。

円形脱毛症にエキシマライト光線治療は、週に2~3回で照射する必要があります。
円形脱毛症は早い人で10回目ぐらいから、発毛の効果が現れます。
半年ぐらいエキシマライト光線治療が続ければ、完治できる可能があります。
通常、4ヶ⽉〜1年程度で自然治癒する場合もありますが、難治な疾患となるため、年単位での継続的な治療が必要です。

Q:貴社のコンパクト型エキシマライト光線治療器(照射強度30)で円形脱毛症を治療していますが、最大照射量はどのぐらいでしょうか?

コンパクト型エキシマライト光線治療器(照射強度30)で円形脱毛症を治療する場合に、エキシマライトで最大照射線量は「1000mJ/cm2 」となります。
初回、小さい照射線量「100mJ/cm2 」から開始してください。
照射後に紅斑の出現が見られるならば、次回も同じ照射線量で当ててください。
もし、照射後に紅斑の出現が見られなければ、20%を増量して、「120mJ/cm2 」を設定し、治療ください。
治療後の赤み、紅斑、水疱形成の有無などを確認しながら、徐々に照射線量をあげて、治療ください。
エキシマライトで最大照射線量は「1000mJ/cm2 」としております。
照射時間を設定して、治療する場合は、3秒照射すれば、約「100mJ/cm2 」の照射量を放射します。30秒照射すれば、約「1000mJ/cm2 」の照射量を放射します。