セール

フィリップス社製ナローバンドUVBランプ(TL20W/01)

¥18,800

商品名:フィリップス社製ナローバンドUVBランプ(TL20W/01)
特別価格:18800円(通関税&送料込み)
通常価格:19800円
商品型番:TL20W/01
光源生産社 :フィリップス(Philips)社
光源生産地:ヨーロッパ/ドイツ‎Germany)
適応疾患 :白斑、乾癬、アトピー性皮膚炎、円形脱毛症、掌蹠膿疱症など
光線波長域: 311±2nm (治療に有効かつ安全な狭い波長域)
適用機械:半身型ナローバンドUVB紫外線治療器(仕様)、Waldmann社製UV801BL 、デルマレイ200、JTRAC(ジェイトラック)など

カテゴリー:

説明

波長311nmのナローバンドUVB紫外線が白斑、乾癬治療に有効であることが明らかとなり、オランダフィリップス(Philips)社でナローバンドUVB蛍光ランプが開発されると共に治療法として普及し始め、現在では乾癬を初めとして、アトピー性皮膚炎、白斑、多形日光疹、菌状息肉症の治療に用いられています。
この波長は以前の研究から治療効果が高いことがわかっており、この波長を照射する光源ランプがフィリップス(Philips)社より、開発されたことで臨床応用が可能となりました。
事実、これまでに高い効果が数多く報告され、NB-UVB療法は欧米、日本では今や一般的な紫外線療法となっています。

ナローバンドUVB療法は現在行われている他の紫外線療法に比べ、急性の副作用・長期の副作用のいずれも起こしにくいと考えられています。

長期の副作用として、やはり皮膚の光老化、発癌の危険性は考えておかなければなりません。しかし、欧米での長期にわたる研究結果、この治療では、まず発ガンの心配はない、という事に落ち着いているようです。
目安としては1000回照射、総照射量400J/平方センチメートルというところのようです。 発がんのリスクに関してはまだ不明な点もありますが動物実験、臨床データよりUVBと同等前後のリスクもしくはそれより少ないと考えられています。
小児(10歳以上)や妊婦にも使用可能とされています。

短期の副作用としては、皮膚の赤み、色素沈着(日焼け)、ほてり感、火傷などがありますが、
他の紫外線療法より起こしにくいと考えられています。 乾癬に対するビタミンD3製剤外用に関しては、紫外線によって外用薬が分解してしまうとの報告がありますので、照射後に外用するようにします。

レビュー

レビューはまだありません。

“フィリップス社製ナローバンドUVBランプ(TL20W/01)” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。

2 + eleven =